Warning: include(/home/donbas2ua/public_html/analyzetw6ab/analyze.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/donbas2ua/public_html/su-hijutu.html on line 1

Warning: include(): Failed opening '/home/donbas2ua/public_html/analyzetw6ab/analyze.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/donbas2ua/public_html/su-hijutu.html on line 1
数秘術に関して | 役立つ占い情報

数秘術

日本ではあまり耳にしませんが、はるか昔から西洋を中心にして
伝えられて広まっていき、大切にされてきました。

数秘術(すうひじゅつ)は、西洋の占星術や易学などと並ぶ占術の一つで、
ピタゴラス式やカバラなどが有名です。「数秘学」とも言います。

一般的な占術の方法としては「命術」といって、占う対象の生年月日(西暦)や名前などから、
決められた計算式に基づいて対象の運勢の傾向や、生まれ持った宿命などを占う方法です。

人間でも何でも、この宇宙のすべての事柄は数字に置き換えることができるとされ、
そこに隠れている真実を明かすことができると考えられています。
数秘術は、本当の自分というものを探し求めている人には、
真実と導きを与えてくれるとされている道具なのです。

数秘術の歴史

現在、分析学としては世界で最も古いものの一つだとされています。
数秘術を造った人は、一般的にピタゴラスの定理などで有名な
ピタゴラスだと言われています。
この人は「数秘術の父」として知られていますが、
その時から数千年前に、ギリシャや中国、エジプトやローマなどでも
数秘術が使用されていた、というような事を表した証拠が
存在していますので、どちらか発祥かは定かではありません。
その当時は、宗教上の争いのため、限られた、許された者にだけ、
しかも口だけを使って、その情報が伝えられていたとされています。
覚えるのがすごく大変だったんじゃないでしょうか。

数秘術はたくさんの歴史とたくさんの解釈があるのですが
現在、広く使われている数秘術というのは、
ピタゴラスの原理で作られたものです。

ピタゴラスの後、数秘術の思想はプラトンに引き継がれていき、
数学と一緒に発展していきます。
さらに、西洋の占星術やタロットなどとも結びついていき、
ユダヤ教のカバラの書物によって補強されました。
その後ルネサンス期にはヨーロッパでたくさんの方に広まり、人気となりました。
現在では、アメリカやヨーロッパ全土で数秘術は注目されています。

Favorite

2016/3/24 更新

ページのトップへ